日々楽しく、自由きままに!

気まぐれおやじの日々の出来事や趣味の旅行記を綴っています

ど根性の時代から、今はケ・セラ・セラ


スポンサードリンク

 

皆さんこんにちは、こんばんは!

本日も気まぐれおやじのブログにご訪問ありがとうございます

おいらは今日も「日々楽しく、自由きままに!」

 

1月から再びリモートワークになりました

自宅でパソコンと向き合って仕事をしているのですが、その時に着る部屋着が無いのでネットで調べていると、あるウェブショップに懐かしいアニメキャラクターのトレーナーを発見しました (^^♪

 

f:id:koulog:20220117115936j:plain

(写真はお借りしました🙇🏻‍♂️)

ど根性ガエル」のピョン吉です

買っていませんよ

買っていませんが・・・

凄く懐かしく思いました (´∀`*)

 

f:id:koulog:20220117122510j:plain

(写真はお借りしました🙇🏻‍♂️)

ど根性ガエル」はおいらが小3位の時に放送が開始されたTVアニメです
 
ピョン吉はTシャツに張り付いてしまったカエルなんですが、普通なら圧死してしまうところを、ど根性で平面カエルとして生き続けるんです
 
Tシャツの持ち主である「ひろし」との二心同体的な不思議な生活が始まるのですが、不甲斐無いひろしを叱咤激励しながらその成長を見守り、牽引して行くストーリーです
今考えると「ドラえもん」と似てますね 
ドラえもんが未来のアイテムを使って難局を乗り切るのに対し、ピョン吉は、ど根性で乗り越えるという感じでしょうか?
 
ひろしは母子家庭である事に劣等感があったのか、どこか斜に構えて素直になれないちょいワル子供でした
それはお父さんが居ない寂しさの裏返し…
本当は、ガラス細工のハートは泣いていたんです _( _´ω`)_ペション
 
もしかしたらあのピョン吉は、死んだお父さんの化身として登場させたキャラクターだったのではないでしょうか? (゚д゚)!
 
父親だったらこんな時
こう言っただろう…
こう躾けただろう…
それをピョン吉に代弁させていたんですかね
 
このピョン吉は八面六臂(はちめんろっぴ: 色んな面を持ち活躍する事)します
ある時は、ペット、兄弟、無二の親友、ライバル、そして父親として、ひろしに欠けているモノを与え、ネバー ギブ アップの精神を叩き込んで行きます
 
笑いあり、涙ありの物語りが、何気無い日常の中に展開されます (^^♪
 
今、グーグルで画像を観ると、懐かしい昭和の風景に目が留まります

f:id:koulog:20220117122828j:plain

f:id:koulog:20220117122904j:plain

f:id:koulog:20220117123010j:plain

(写真はお借りしました🙇🏻‍♂️)

当時は当たり前だった風景が、今は消えた遺産の様に、ちょっぴり切なく心に染みます

 
そうそう、電柱は一本の木だったわ!
味があったなぁ〜
こんな空き地が残されていたよね〜
ここだって誰かの所有地だろうに、地主さんは何も言わずに遊ばせてくれたんだよね〜
いい時代だったんですよ ヽ(^o^)丿
 
子供の頃、うちのふすまもこんな柄だったわ
懐かしぃ〜
昭和はみんなこの柄だったのでしょうか?
なんてね ^_^
 
根性、根性、ど根性!
 
ピョン吉は呪文の様にひろしに言って背中を押します
(実際は胸を引っ張ります)
強い精神力があれば、何でも成し遂げられる!とはなりませんが、貧しい庶民が這い上がるには、根性しかなかった時代だったんです
 
この「ど根性ガエル」の最期がどうなったのか、記憶が定かではないんです
それで気になって調べてみました

最終回のタイトルが、第206話「爆笑チャリティ演芸会」

?・?・?

あらすじを読んでも全く記憶が無く、終わり方も何か変です (?_?)
なので、おいらが創作してみました
 
おいらが創作する最終回は・・・ (´∀`*)ウフフ
(ハンカチをご用意下さい)
 
今日は、ひろしの中学の卒業式です
朝、いつもの準備をしていると、突然、ピョン吉がTシャツからハラリと剥がれてしまいました
 
畳に落ちたピョン吉
動きません
 
「あっ!ピョン吉!大丈夫か?」
もう何を話し掛けても、ただ前を向いて、力無く「ゲコゲコ」しか言いません
ピョン吉から知性が消えています
ただのカエルに・・・!
SHOCK!
 
カエルだけに元にカエル (#^.^#)
 
その時、ピョン吉の身体から死んだお父さんの魂が抜けて、昇天して行くのを、ひろしは見ます
お父さんも、ひろしを愛おしそうに見詰めます
 
「母ちゃんを頼むぞ」
心の声が聞こえました (; ・`д・´)
 
ひろしは、ピョン吉、いや、父ちゃんに、いつも側で見守られて居た事に初めて気付きます
 
「父ちゃん、ありがとう、ありがとう…」
 
その後、ピョン吉は何処かに消えてしまいました
ピョン吉は次のステージ(天国)へと旅立ったのです
 
完       
副題 「父、カエル」(^_^;)
 
如何でしたか?^ ^
 
 
あっ!もう22時を過ぎています
まだ鬼嫁は仕事から帰宅しません ( ´△`)
急な案件で遅くなると連絡はありましたが・・・
コロナ感染者が増えてますからね
 
玄関先にカエルの置物でも置きましょうか?
無事にカエルって、縁起物だそうですよ
ご利益の程は分かりませんが…
鬼嫁の父親も家庭にあまり居ない人だったそうですが、仕事では仕方無いですよね
でもやっぱり、カエルの子はカエルでしょうか?
 
あっ、違いますね
カエルの子はおたまじゃくしでしたね
 
「鬼嫁元気で留守がいい!」
 
懐かしい昭和の名言を、ちょっとアレンジしてみました
カエルの置物は後ろ向きに置きます (^_−)−☆
 

今回も最後まで読んで頂き

ありがとうございました

では、また。。。

 

</a </a にほんブログ村 旅行ブログへ

気まぐれおやじのブログは、にほんブログ村に参加しています

ポチっと応援よろしくお願いします

 

 

動画はこちら

 
f:id:koulog:20210511111040p:plain