kouの日常と旅の忘備録

日々の出来事や趣味の旅行の雑記を綴っています

Part15 YouTube動画公開しました

【北海道くるま旅】北海道周遊車旅15日間 Part15 雄大釧路湿原

YouTube動画公開しました

 

愛車ラクティスで北海道を15日間周遊した時の記録です

10日目の旅の様子を動画にした 2部作の前編です

f:id:koulog:20201021152751j:plain
youtu.be動画スタート

ご覧の後にチャンネル登録ポチっとお願いします

応援お願いします

北海道くるま旅Part13【8日目後編】

【8日目前編】からの続きです

 

純と涼子先生の再会した川を確認した私達は
ドラマの世界に浸りながら次の訪問地を目指すのであった

それではこの先、国道335号線国後国道を野付半島を目指して走ります

 

途中、峯浜パーキングで国後島を眺める為立ち寄ります

f:id:koulog:20201013202744j:plain

残念ながら国後島はガスっていて双眼鏡でかすかに見える程度でした
こうなれば野付半島で見える事を願うのみです

 

標津町に入りました

f:id:koulog:20201013203534j:plain
ここから国道244号線野付国道を進みます

 

ちょっとコーヒー休憩でセイコーマートに寄ります

f:id:koulog:20201013205404j:plain

セイコーマート標津まるよし店

f:id:koulog:20200921074917j:plain

セコマカフェアイスコーヒー

 

それでは野付半島に向かう前に一つ行きたい所があるのでそちらに向かいます

それは純が訪ねた涼子先生が住む水谷家です

f:id:koulog:20201014105415j:plain
f:id:koulog:20201014105408j:plain

こちらのアパートの一室がロケに使われました

 

それでは今度こそ野付半島に向かいましょう

f:id:koulog:20201014110045j:plain

ハイこの先300m左折確認

f:id:koulog:20201014110339j:plain

次左折

f:id:koulog:20201014110711j:plain

???

f:id:koulog:20201014111015j:plain

何で?
私、相棒と長いお付き合いしてますが、ナビとの相性が非常に悪いんです

曲がる所に来てもモニター画面では、まだ曲がる所に若干来ていなくて、この誤差が通過してしまう原因です

初めて走る道では特に多く、今回の旅でもこの様に曲がる所を行き過ぎる事が度々起こっています

ハイ!Uターン決定!

決して老化が原因ではありません(笑)
動画【北海道くるま旅】Part7を見た人ならご存じだと思いますが、稚内市役所宗谷支所の時もこのパターンです

f:id:koulog:20201014113319j:plain

ここ右折

ハイ!ルート訂正出来ました
いやいや!ここで直進したらただのバカでしょう

ここから道道950号線通称フラワーロードを進みます

 

f:id:koulog:20201014114948j:plain

ナラワラを見に立ち寄ります

この辺りが一番道幅が狭い所でしょうか?
狭いところでなんと50メートルだそうです

 

f:id:koulog:20201014115315j:plain

f:id:koulog:20201014115327j:plain

ナラワラ

ナラワラとはミズナラなどの木々が海水で浸食され、風化した木々が立ち枯れた景色を作り出したものです
腐朽が進み波にさらわれ、年々その姿は消しつつあり、今日見た景色は今日だけの形になりつつあります

この先のトドワラにも行ってみます

 

野付半島ネイチャーセンターに到着です

f:id:koulog:20201014123703j:plain

f:id:koulog:20201014123714j:plain

f:id:koulog:20201014124044j:plain

トドワラを見るには、ネイチャーセンターからトドワラ展望台まで、徒歩で約30分かかります

f:id:koulog:20201014124239j:plain
f:id:koulog:20201014124251j:plain
f:id:koulog:20201014124316j:plain

ハマナス以外の花は知りませんが、花を見ながらトドワラ展望台を目指します

f:id:koulog:20201014124745j:plain

トドワラ広場まで来ましたあと少しです

 

f:id:koulog:20201014125004j:plain

トドワラ展望台まで来ました
ネイチャーセンターが遥か遠くに見えます

f:id:koulog:20201014125018j:plain

f:id:koulog:20201014125456j:plain

立ち枯れした木々に荒涼とした湿地

正に「この世の果て」

 

ここからまた約30分かけてテクテクと戻ります

 

f:id:koulog:20201014130041j:plain

ネイチャーセンターまで戻って来ました
さて、国後島が見えるのか確かめに行ってみましょう

 

f:id:koulog:20201014130235j:plain

う~ん!写真では微妙やね~
実際には写真で見る以上に見えているんですが残念です

 

普段から運動不足の私、トドワラ展望台まで結構疲れました

しかし、神威岬と違ってフラットだった為往復出来ました
それにしても往復約1時間は頑張った方です

さて、野付半島を後にして開陽台に行ってみようと思います

 

国道244号線から国道272号線に入り、さらに道道774号線、道道775号線を通って開陽台を目指します

この辺り道道〇〇を右だの左だのせわしないです
しかし、迷子にならない様にナビを信じて進むだけです

 

窓を開けていると、暑くもなく寒くもなく快適な気温でドライブが出来るのですが、道道774、775号線の両サイドは牧場だらけで、牛のうん〇の香が凄いです

 

開陽台に到着です

f:id:koulog:20201014133141j:plain

開陽台展望館に向かいます

f:id:koulog:20201014133405j:plain

f:id:koulog:20201014133535j:plain
f:id:koulog:20201014133550j:plain
f:id:koulog:20201014133608j:plain
f:id:koulog:20201014133632j:plain

屋上からは、約330度の大パノラマが有名で、地球の丸さを体感出来ます

実は夜がおすすめで、天候のよい時は満点の星空を望めるスポットでも有名らしいです

 

f:id:koulog:20201014133941j:plain

1階のcaffe kaiyodaiに来ました

f:id:koulog:20201014134235j:plain

私が選ぶアイスデザートグランプリ
エントリーNo.8caffe kaiyodai

しあわせのはちみつソフト470円 第4位です
蜂蜜の甘さが気にならず、アイスクリームとのバランスが抜群の美味しさです

ただ、チョットお値段が高めかな~そこが減点やね

私、勝手に決めてるけどこの手のアイスクリームの値段、350円~高くても400円までと決めてるので470円は私の中ではありえません

それでも他を差し置いて第4位だからね~あと100円安かったら同点2位はあったかな

ちなみに

f:id:koulog:20201014140515j:plain

ジェラートW(野いちご・チョコチップ)520円
こちらも美味しかったです
しかし1店舗1商品の為グランプリには参加出来ません

こちらのジェラートS(350~370円位やったと思う)にしてても第4位かな

 


開陽台を後にして本日のお宿に向かいます
開陽台を出て左折してしばらく走ると人気の撮影場所があるのでチョット立ち寄ります

f:id:koulog:20201014141915j:plain

ここも人気の撮影スポット

ミルクロード北19号線
天に続く道に負けず劣らずの道です

この道も地平線に一直線に向かって行きます

北海道にはこのような道がたくさんあるので、まだ知られていない道を探すのも楽しいかもしれないです

 

f:id:koulog:20201014142946j:plain

道道150号線を走っていると両サイドが牧場と牧草地で北海道らしい風景を楽しめます

そんな風景に酔いしれていたら、左は牧草地ではなく中標津空港でした
いや~!こんな所に空港があるとは全く思いませんでした

 

道道150号線から道道69号線に入り市街地に向かいます

 

中標津市街に入りセイコーマートで夕食を仕入れます
今日は外食せずにセイコマ飯にします

f:id:koulog:20201014143819j:plain

セイコーマート 中標津西1条店

いや~!さすがセイコマ
あまりにも魅力的な惣菜や酒の肴が多いので・・・
今晩はお酒の量が進みそうです

 

17:50 今晩のお宿ホテル開陽インに到着です

f:id:koulog:20201014144344j:plain

ツイン朝食付き5700×2 11400円

 

この後は部屋で盛大にセイコマパーティーをし、ほろ酔い気分で眠りにつきました

 

 

f:id:koulog:20201014145013j:plain
f:id:koulog:20201014145021j:plain

本日の走行距離
ウトロ~羅臼野付半島~開陽台~中標津  164.3km

7月17日支出 
知床半島クルージング代                     12000円
昼食代                                                    3300円
セイコーマートコーヒー代                      280円
お茶代                                                      140円
べっかい牛乳代                                       200円
開陽台しあわせのはちみつソフト代       470円

開陽台しれとこジェラートW代              520円 
宿泊費                                                 11400円
夕食代セイコーマート                          1923円
合計                                                     30233円

 

こちらもどうぞよろしくお願い致します

f:id:koulog:20201014151347j:plain
youtu.be

動画スタート

ご覧の後にチャンネル登録ポチっとお願いします

応援お願いします

 

Part14 YouTube動画公開しました

【北海道くるま旅】北海道周遊車旅15日間 Part14 ルパン三世を探せ編

YouTube動画公開しました

 

愛車ラクティスで北海道を15日間周遊した時の記録です

9日目の旅の様子を動画にした 2部作の後編です

 

f:id:koulog:20201018231349j:plain
youtu.be

動画スタート

ご覧の後にチャンネル登録ポチっとお願いします

応援お願いします

秋華賞予想

秋競馬GⅠ第2弾は3歳乙女の最終決戦秋華賞です

ここ10年で3頭の三冠牝馬が誕生しているだけに、今年もデアリングタクトに注目が集まるところだろう

 

その前に、前回のスプリンターズステークスは当たりはしたもののちょっと歯切れが悪かった

今回はビシッと当てたいもんです

f:id:koulog:20201018124116j:plain
f:id:koulog:20201015131024j:plain

 

さて、私の予想ですが前回も書きましたが基本的にはデーター重視です

今回の秋華賞

①夏以降に出走歴のある馬が優勢

②過去2走で敗れたレースでの勝ち馬との最大タイム差が0秒4以内

③前走の4コーナーの通過順が5番手から9番手

④同年の芝重賞での最高着順が2着以内の実績

⑤直近で出走していた重賞での単勝人気が一番人気悪くても4番人気まで

以上の5項目を重視します

 

その中で4項目該当する馬が

クラヴァシュドール①③④⑤ 

ホウオウピースフル①③④⑤ 

マジックキャッスル①②③④ 

リアアメリア①②④⑤ 

上記4頭が本命候補

 

3項目に該当するのが

ウインマイティー①②⑤ 

デアリングタクト②④⑤ 

ヤマザクラ③④⑤ 

ソフトフルート①②③ 

ミスニューヨーク①②③ 

ムジカ①②④ 

データー5項目の中で特に重視したいのが①②

それを踏まえて本命候補4頭の中で本命にしたいのがリアアメリ

ローズS1着で実力馬の復帰か?

クラヴァシュドールとホウオウピースフルは前走が???

対抗にマジックキャッスル前走叩いてさらに前進

一発候補はやっぱりデアリングタクト

ここ2年オークスからの直行馬が勝っているけど私的には一抹の不安

さらに直近3走4コーナー10~13番手京都内回りごちゃつくと届くのか?

しかし、実力は誰もが認めるところあっさり勝たれたらごめんなさい

夏の上り馬2頭にも注目

1頭はムジカ相手なりに好走世代馬相手に前走ローズS2着

もう1頭はソフトフルートお姉さん達に圧勝するだけでなく前週のローズSの勝ちタイムと0.1秒しか変わらない

リアアメリアを本命にするなら押さえるべき

 

結論

◎リアアメリ

〇マジックキャッスル

▲デアリングタクト

△クラヴァシュドール

△ホウオウピースフル

△ウインマイティー

△ソフトフルート

 穴ムジカ

 

前日オッズではデアリングタクトの1強状況

こう言う時に天邪鬼馬券を買いたくなるんだわ

馬連でリアアメリアから7点

デアリングタクト以外高配当が予想される為幅広く7点予想する

 

 

北海道くるま旅Part12【8日目前編】

北海道周遊車旅15日間 8日目

 

2020年7月17日(金) 晴れ

6:00起床 朝食までにSNSの確認を済まし出発の準備をします

 

7:00朝食会場に

f:id:koulog:20201013092736j:plain

私、家では朝食食べれない方で、起きて3~4時間経たないと食べれません

ですから朝は、もっぱらコーヒーのみです

しかし、旅に出ると何故か朝食をガッツリ食べれちゃうんですよね~不思議?

大変美味しかったです

ごちそうさまでした

 

7:45 民宿たんぽぽを出発

f:id:koulog:20201006223701j:plain

昨日泊まった民宿たんぽぽ

 

今日はこれから

ヒグマを見に行きます

ヒグマを見ると言っても船上からです

そう、知床半島クルージングです

その中でも最もヒグマの見れる確率の高いルシャコースを予約しました

ルシャとは、ヒグマの密度が高い知床の中でもとりわけ密集している場所です

しかし相手も自然界の生き物、果たして我々の前に姿を見せてくれるのか?

その場所に連れて行ってくれるのがゴジラ岩観光です

f:id:koulog:20201013094457j:plain

受付で乗船手続きを済ませます
ここでも検温、消毒は徹底されていました

f:id:koulog:20201013094503j:plain

私達が乗るルシャコースは8:30出港です

港までは係員の誘導のもと大名行列のごとくテクテク歩いて行きます

私達が乗るルシャコースは17~18名が乗船するみたいです

トラブルが起きないように予約順に乗船していきます

私達はこの日のこのコース一番に予約を入れていたみたいで一番に乗船出来ました

ですから一番に座席を選べれると言う事になります

すなわち一番良い場所でヒグマウオッチング出来ると言う事です

  ヤッター!

ただし、ヒグマが現れた場合の話です

f:id:koulog:20201013100653j:plain

では、いざ出航!

f:id:koulog:20201013103322j:plain

ウトロ港よりゴジラに見送られながらヒグマの聖地ルシャに向かいます

 

湾の外に出たので船の速度がどんどん上がっています

7月中旬でも外海に出ると風が強くかなり寒いので、長袖のウインドブレーカーを着てきて良かったです

 

船長の説明を聞きながら知床半島の景色を堪能していると

(船長)絶滅危惧種に指定されているケイマフリが何たらかんたら・・・

何か鳥の説明してるみたいです

(私)ケイマフリ???世界に500羽位しかいない?

(私)その内の200羽位が知床にしかいない?メッチャ貴重やん

 

f:id:koulog:20201013104550j:plain

  ハイ発見!ケイマフリ?

知床の約200羽の内の1羽か?

それやったらめっちゃ!大発見やん

 

船はさらに進み

f:id:koulog:20201013105714j:plain

フレペの滝(乙女の涙)

f:id:koulog:20201013110022j:plain

象岩
地元の人たちはこれを「象の鼻」とも呼んでいます

f:id:koulog:20201013110208j:plain
f:id:koulog:20201013110224j:plain

さすが世界自然遺産知床半島ですね
断崖絶壁で人の侵入を寄せ付けません

 

さらに船は順調に進んで行きます

f:id:koulog:20201013110239j:plain

カムイワッカの滝

この辺りからヒグマを探しますがなかなか姿を現しません

f:id:koulog:20201013110657j:plain

ヨウシペツの滝

(船長)この辺りの断崖絶壁、結構ね~熊さんいますからよ~く見てて下さい

この辺りの断崖絶壁にも居るそうなのでとにかく探します

探すコツは、黒い物体が動いていたら熊の可能性が高いらしいです

しかし、なかなか見つかりません

 

最後の望みルシャ19号番屋に着きました

f:id:koulog:20201013113105j:plain

必死になって探します

 

いた~!

親子のヒグマや!

親熊の後ろに子熊が二頭おる

f:id:koulog:20201013111452j:plain

f:id:koulog:20201013111653j:plain

f:id:koulog:20201013111511j:plain

船上は揺れるわ、素人のカメラではこれが精一杯です

しかし、何とかヒグマに出会えて、またカメラで撮ることが出来ただけでも満足です

(注意)船上から岸まで結構あります双眼鏡は必須です

また、写真に収めたい場合は望遠レンズも必須です

 

f:id:koulog:20201013113844j:plain

ウトロ港に帰る途中

羅臼岳が雲の間から恥ずかしそうに顔を覗かせていました

 

知床半島クルージングを楽しんだ後は、知床半島ウトロの反対側羅臼に向かいます

いや~!ヒグマ見れて良かったです

前回来た時は知床観光船オーロラ号に乗って、カムイワッカの滝航路に乗ったのですが大型船の為、岸からかなり離れて航行するのと、カムイワッカの滝までではかなり確率が低かったです

そんな訳でリベンジ成功です

 

羅臼に向かうには知床横断道路を通って行くのですが、その途中にいくつかの景勝地があり、その一つがこの先にある知床八景の一つプユニ岬展望台です

展望台と言っても路肩に止めて歩道から景色を見るだけです

f:id:koulog:20201013115624j:plain
f:id:koulog:20201013115638j:plain

知床八景プユニ岬

 

前回知床半島に来た時は知床五湖までしか行きませんでした

今日はその知床五湖にはいかずに知床横断道路を通って知床峠から羅臼に向かいます

f:id:koulog:20201013125213j:plain

羅臼岳が見えて来ました

山頂に少し雲がかかっていますがそのうち取れるのを願いましょう

この道路一帯も世界自然遺産に指定されていて、もちろんヒグマの生息地です

運が良ければ道路を徘徊しているヒグマに遭遇する事もあります

それを期待して車を走らせますがヒグマを目撃することは出来ません

 

知床峠PAに到着です

f:id:koulog:20201013125942j:plain

f:id:koulog:20201013130246j:plain

羅臼岳雄大にそびえ立っています

f:id:koulog:20201013130620j:plain

沖に見える島が国後島です

f:id:koulog:20201013131838j:plain
f:id:koulog:20201013131828j:plain

知床峠を上って来たのが斜里町で、これから下って行く方が羅臼町

峠を境に地名が変わるんですね

 

知床峠を後にして羅臼に向かいます

 

(注意)ここからちょいちょい北の国から話しが出るので興味のない人はごめんなさい

私達は共に『北の国から』の大ファンで前回の旅行の時は布部~富良野麓郷とロケ地巡りをしました

いわゆる王道路線ですよね

そして今回は『遺言』の舞台となった羅臼の街に来れて気持ちも高ぶっています

先ほどの知床峠Pは純と結が初めてデートで行った場所です

当然私たちは「ここが純と結の初デートの場所か~」ってドラマの一シーンを思い出しながら感動するわけですわ

そんなわけでこの後も目的地に向かいながらその途中でロケ地を巡ろうと思います

ただ、わざわざ有名なロケ地に行くとかはしません

あくまでも目的地の途中にあるロケ地を巡る予定です

 

羅臼の街に入って来ました

f:id:koulog:20201013134322j:plain

 

昼食前に知床望郷展望台に行ってみます

f:id:koulog:20201013134719j:plain

f:id:koulog:20201013134734j:plain

この風景も『遺言』の中で使われていました
ここもロケ地になっていたんですね
ここの展望台からは国後島がよく見えるそうなんですが、今日に限ってはガスってて国後島は見えませんでした

 

知床望郷展望台を出る頃には、ちょうどお昼の時間になったので道の駅で昼食にします

 

その道の駅手前の交差点

f:id:koulog:20201013135918j:plain

f:id:koulog:20201013143507j:plain

この交差点は流氷を見に羅臼へやってきた五郎を、純が出迎えたバス停がこの辺りだったようです

 

f:id:koulog:20201013140729j:plain

道の駅知床・らうす

f:id:koulog:20201013141007j:plain

道の駅知床・らうすの中にある知床食堂です

f:id:koulog:20201013141046j:plain

今が旬!だの1日数量限定だの羅臼産だの目にすると、迷わず羅臼産時鮭の親子丼にするでしょう

f:id:koulog:20201013141013j:plain

    じゃじゃ~ん!

なんとこのデカさ!はみ出てるもんね

ちなみに時鮭の下にもイクラが敷き詰められてるよ

ごちそうさまでした完食

 

道の駅知床・らうすを出発します

 

時鮭の親子丼めっちゃ美味しかったです

いくら丼だけでもあれぐらいの値段するのに、さらにあんなにデカい時鮭が付いてるとは

何とも最高です!

 

しかし北の国からのファンとしては、こちらのお店も外すことは出来ません

f:id:koulog:20201013142850j:plain

純の番屋

北の国からのファンとしては絶対に外せないスポットです

残念ながら定休日なのか?コロナの影響なのか?わかりませんがお店は閉まっていました

しかし、ここに来れた事と建物の写真が撮れた事に大満足です

 

本当は一日時間を取って羅臼の街中や、漁協、セセキ温泉とかのロケ地も巡りたかったのですが、残念ながら時間が取れませんでした

    残念無念!

必ずリベンジすることを誓って羅臼を後にして野付半島を目指します

 

羅臼から数キロ走ると、純と涼子先生が川で再会したシーンがあるのですが、その川がここら辺らしいです

f:id:koulog:20201013145030j:plain

この春苅古丹川の上流がロケ地になったらしいです

こんななんて事の無い川でもファンにとっては聖地なんです

 

それではこの先、野付半島を目指して走ります

 

この続きはPart13【8日目後編】にて

 

こちらもどうぞよろしくお願い致します

f:id:koulog:20201013145919j:plain
youtu.be

 動画スタート

ご覧の後にチャンネル登録ポチっとお願いします

応援お願いします

Part13 YouTube動画公開しました

【北海道くるま旅】北海道周遊車旅15日間 Part13 望郷、懐郷、思郷編

YouTube動画公開しました

 

愛車ラクティスで北海道を15日間周遊した時の記録です

9日目の旅の様子を動画にした 2部作の前編です

 

f:id:koulog:20201014102525j:plain
youtu.be

動画スタート

ご覧の後にチャンネル登録ポチっとお願いします

応援お願いします

北海道くるま旅Part11【7日目後編】

【7日目前編】からの続きです

 

f:id:koulog:20201006160120j:plain

釧網本線の踏切を渡ると国道244号線を右折して北浜駅に向かいます

この北浜駅はオホーツクに一番近い駅と言われ、数々の映画ロケ地にもなっています

 

旅情あふれる北浜駅に到着です

f:id:koulog:20201006201918j:plain

f:id:koulog:20201006202400j:plain

旅人が記念に貼った名刺や切符などで埋め尽くされています

f:id:koulog:20201006202556j:plain

網走方面からの~

f:id:koulog:20201006203023j:plain

斜里方面

f:id:koulog:20201006203322j:plain

展望台から網走方面を望みます

 

知床半島ウトロ方面を目指します

f:id:koulog:20201006204109j:plain

右に濤沸湖を見ながら先に進みます

小清水原生花園に寄ることに

f:id:koulog:20201006204336j:plain

f:id:koulog:20201006204522j:plain

夏の間だけ馬も放牧されています

f:id:koulog:20201006204641j:plain

案内板によるとノハナショウブがたくさん咲いています

f:id:koulog:20201006205325j:plain

満腹になったのかみんなリラックスしてます

 

原生花園駅の方にやって来ました

f:id:koulog:20201006210057j:plain

斜里方面

f:id:koulog:20201006205505j:plain

原生花園

f:id:koulog:20201006210615j:plain

さらに高台まで上がって来ました

斜里岳の山頂は雲で隠れています

f:id:koulog:20201006210856j:plain

知床連山も見えています

 

小清水原生花園を後にしてウトロ方面に進みます

 

今晩の晩酌の買い出しに立ち寄ります

f:id:koulog:20201006211454j:plain

ツルハドラッグ斜里店

手前にセイコマート斜里青葉店もあったので、どっちにしようか悩んだけど、今日はいつも飲んでる缶酎ハイにしました

 

f:id:koulog:20201006213030j:plain

国道334号線、天に続く道の反対側から見た光景です
海別岳に向かって一直線です

f:id:koulog:20201006212929j:plain

ここは国道334号線ではなく直進
後はひたすらまっすぐ進むだけで・・・

 

天に続く道に到着です

f:id:koulog:20201006213642j:plain

f:id:koulog:20201006213534j:plain

f:id:koulog:20201006213655j:plain

f:id:koulog:20201006213844j:plain

こっちもなかなか良いよ~
右の道はオホーツク海に続く道??

そのオホーツク海に続く道?を通って知床半島ウトロの街を目指します

 

国道334号線通称知床国道を右折しウトロへ

知床半島の海岸線をしばらくドライブを堪能出来ます

f:id:koulog:20201006214805j:plain

あまりにも羅臼岳と硫黄山が綺麗に見えるので、見通しの良い所に車を止めて写真を撮りました

f:id:koulog:20201006215459j:plain

明日向かう羅臼岳がクッキリ見えています

 

この先のオシンコシンの滝に寄ります
ここも前回に続き二度目の訪問です

f:id:koulog:20201006220015j:plain

f:id:koulog:20201006220050j:plain

 

さて、本日のお宿に向かいます

その前に愛車の食事と洗車をしようと思います

f:id:koulog:20201006220640j:plain

北海道を走っているととにかく虫アタックが凄いんです

フロントガラスは、ウォッシャー液かけてワイパーである程度取れますが、フロントバンパーはもう大変です

また付くからと放っておくと乾燥して取れにくくなるので、私は訪問地毎に拭き掃除してました

神経質な人はたまらないでしょうね、私もその一人です

f:id:koulog:20201006221445j:plain
ガソリン入れる時は洗車機に頼ります

洗車中車内に乗ることが初めてなので、なんかウォ~スゲ~って感じでした

 

愛車も綺麗になって喜んでいます

さあ!出発しましょう

 

(隊員)ウトロの街にゴジラが出現したと情報が入りました

(隊長)何!ゴジラが現れただと!すぐに確認に向かえ

(隊員)了解

(隊員)正面の黒いやつじゃないですか?

f:id:koulog:20201006222744j:plain

(隊長)いや!あれはただの岩だろう

(隊員)おかしいなどこにも見当たらん

(隊長)そんな筈は無い探すんだ

(隊員)隊長!後ろ!

f:id:koulog:20201006222915j:plain

チャンチャン!

関西人の一人ボケツッコミでした

これ動画の方がええ感じなんやけどな~

ブログではどないやろ・・・

 

いや~!ゴジラいましたね~
これからもウトロの街に君臨し続けるのでしょう

それでは本日のお宿に向かいましょう

 

17:30 今晩のお宿民宿たんぽぽに到着です

f:id:koulog:20201006223701j:plain

和室二食付き8000×2 16000円

 

f:id:koulog:20201006223810j:plain

食事前にひとっ風呂浴びます
民宿たんぽぽは温泉を楽しめます

 

そして楽しみな夕食です

f:id:koulog:20201006224222j:plain

f:id:koulog:20201006224231j:plain

エゾシカのたたきなんか初めて食べました
またここでもバフンウニ!めっちゃ美味しかった

ごちそうさまでした

ぜひ機会があればまた泊まりたいです

 

この後はいつもの様に部屋で飲み、ほろ酔い気分で布団に入りました

 

 

f:id:koulog:20201006224837j:plain
f:id:koulog:20201006224844j:plain

本日の走行距離
紋別~能取岬~女満別~斜里~ウトロ232.2km

 

7月16日支出 
お茶代                                                   140円
昼食代                                                 1800円

白い恋人ソフトクリーム代                   700円 
ガソリン代                                          2872円 
洗車代                                                   300円
宿泊費ホテル酒代含む                      17200円 
晩酌代                                                   749円
合計                                                   23761円

 

こちらもどうぞよろしくお願い致します

f:id:koulog:20201006230053j:plain
youtu.be

動画スタート

ご覧の後にチャンネル登録ポチっとお願いします

応援お願いします