日々楽しく、自由きままに!

気まぐれおやじの日々の出来事や趣味の旅行記を綴っています

北海道くるま旅Part19【11日目後編】


スポンサードリンク

【11日目前編】からの続きです

 

美幌峠から阿寒湖、オンネトー松山千春の家と進み、その後ナイタイ高原の展望カフェで食事をしながら雄大な光景を一望した私達は、次の目的地を目指すのであった

 

ナイタイ高原牧場を後にして、三国峠を越え層雲峡から旭川を目指します

しかしその前にナイタイ高原への道は

帰り道の方が絶景ロードなんです

 

f:id:koulog:20201106140543j:plain

絶景!絶景!絶景の連続の快走路

 

上士幌町の街に入って来ました
愛車に食事をさせてシャワーも浴びさせてあげます

タイミングよくGSがありました

 

f:id:koulog:20201106141857j:plain

ENEOS 上士幌SS

とにかくフロント周りが虫で凄いことになってるんです

前にも書いたけど、私性格上無理なんです

 

さて、三国峠に行く途中に、タウシュベツ川橋梁を見る展望台があるので、そちらに向かいます

国道273号線に入り道なりに進むと、タウシュベツ川橋梁展望台、三国峠に着きます

 

f:id:koulog:20201106143638j:plain

ぬかびら源泉郷にやって来ました

ぬかびら源泉郷は、大正8年に発見された歴史ある温泉で、森と糠平湖に囲まれた豊かな自然を感じさせてくれます

ここ糠平温泉には、ひがし大雪自然ガイドセンターから、タウシュベツ橋梁見学ツアーを実施しているので、機会があれば一度参加してみたいです

今回は対岸の展望台からの見学ですが、ツアーでは橋梁のすぐそば迄連れて行ってくれます

 

f:id:koulog:20201106144808j:plain

タウシュベツ川橋梁展望台に到着です

ここから林の中を200m進みます

 

f:id:koulog:20201106145054j:plain

うわ~!見れた~!超ラッキー

 

f:id:koulog:20201106151130j:plain

国鉄士幌線コンクリートアーチ橋梁群の中でも、特に代表的なコンクリートアーチ橋で、例年ダムの水が少ない1月頃から凍結した湖面に姿を現し、水位が上昇する6月頃から沈み始め、8月から10月頃には湖底に沈むそうです

(注)その年の雨量など、複数の要因により時期は毎年変動しています
このように、季節によってその姿が見え隠れするアーチ橋はここだけで、幻の橋といわれる所以です

 

糠平湖が増水する夏場は、タウシュベツ川橋梁は、水没してしまうことが多いので見れて良かったです

このタウシュベツ川橋梁も、次来た時には崩壊して見れないかもしれないぐらいです

この橋梁は一部が欠けた、少し崩壊したってニュースは、大阪に居ても取り上げられるほどですから注目度の高い橋梁なんです
ですからまだ形を成してる時に来れたので本当に良かったです

さて、この後は三国峠に向かいます

 

f:id:koulog:20201106152243j:plain

三国峠の絶景を撮る為に、安全に十分配慮し、直線の見通しの良い場所に停車します

 

f:id:koulog:20201106152646j:plain

北海道の国道の中で一番標高の高い峠で、緑深い大樹海と松見大橋が織り成す美しい眺めは絶対に見逃せません

三国峠と樹海ロードの風景は圧巻で、見た瞬間にウォ~!と声が出ました

と同時にあの樹海の中に橋の資材を運んで作ること自体がこれまた凄いな~と感心

場所が場所だけに写真を撮ったらさっさと移動します

 

f:id:koulog:20201106154057j:plain
f:id:koulog:20201106154108j:plain

三国峠にチョット寄り道です

峠には駐車場とトイレ、そしてログハウス風の可愛いカフェなどがあり、ドライブ旅行の小休憩には最適です

三国峠を出発して層雲峡に向かいます

 

f:id:koulog:20201106155214j:plain

大雪原生林の中の快走路を楽しみます

 

f:id:koulog:20201106155732j:plain

国道39号線(重複区間)を左折して層雲峡に向かいます

 

f:id:koulog:20201106212619j:plain

層雲峡銀河・流星の滝に到着です

石狩川沿いに延々24kmにわたって続く断崖絶壁で、この崖を流れ落ちる滝でもっとも美しい二つの滝です 

 

f:id:koulog:20201106212844j:plain

一つは幾重にも分かれて白糸のように流れ雌滝と呼ばれる銀河の滝です

 

f:id:koulog:20201107064010j:plain
f:id:koulog:20201107064022j:plain

滝と滝の間は、遊歩道が整備されていて散策しやすいです

その遊歩道の横に石狩川が流れていて、滝から流れ落ちた水が石狩川に注がれ、遥か約268キロ先の日本海に流れていきます

 

f:id:koulog:20201106213009j:plain

もう一つの滝は水量も多く太く力強い様相から雄滝と呼ばれる流星の滝です

 

この二つの滝を同時に見ることが出来る場所が双瀑台ですが双瀑台までの道のりは、地味に険しく登山道のような階段を登らなくてはなりません

時間にして約20分かかるそうです

そして、汗だく段差がある結構疲れる断念決定です

次回体を鍛えてチャレンジします

 

さて、層雲峡銀河・流星の滝を満喫した私達は、本日のお宿に向かいます

当初の予定では、ここから5分程の層雲峡温泉に宿を取っていたのですが、キャンセルしました

そのホテルは渓谷大露天風呂で源泉かけ流しが売りでした
いや~!実に勿体ないことをした

温泉に入りたかったな~(涙)

この旅最後の温泉になったかもしれないのに・・・

いやいや!そうじゃなくて
やめたのには理由があって、その理由が明日の為なんです

明日の美瑛~中富良野観光をかなり盛り込んでおり、時間をたっぷりと取りたかったのです

明日の朝食後、層雲峡から美瑛までの時間がもったいなくて

そこで今日中に旭川まで行っておけば、明日美瑛までがかなり早い時間に着けるのです

と言う事で前置きが長くなったけど、今から約1時間半かけて旭川に向かいます

 

f:id:koulog:20201106214504j:plain

あ~!当初泊まる予定やったホテルです

 

f:id:koulog:20201106214911j:plain

スキージャンプの高梨沙羅選手の実家が経営するセブンイレブンも横目にチラッと通過

 

f:id:koulog:20201106215539j:plain

時間短縮の為、ここから旭川紋別自動車道で愛別I・Cまで(無料区間)高速を使います
この広い北海道の移動時間もバカに出来ません
根室道路の時もそうですが、無料で通行出来るとはありがたい事です

 

f:id:koulog:20201107072937j:plain
f:id:koulog:20201107072950j:plain

愛別I・Cで降りて一般国道に入ります
上川層雲峡I・Cから17.4kmですが時間短縮になりました

左折して国道39号線旭川を目指します

 

f:id:koulog:20201107073938j:plain

旭川市街に入りました

さすが北海道第二の都市、久しぶりの都会です

ホテルに行く前に晩酌の買い物をしに恒例のツルハドラッグ

 

f:id:koulog:20201107073957j:plain

ツルハドラッグ永山3条西店

愛飲の缶酎ハイをゲット!

それでは今晩のお宿に向かいます

 

f:id:koulog:20201107074611j:plain

左が旭川駅で、右に白い建物が見えます
その建物が今晩のお宿ホテルウイングインターナショナル旭川駅前です
ホテルの駐車場はありませんので、提携のイオンの駐車場に入れます

 

18:45 本日のお宿ホテルウイングインターナショナル旭川駅前に到着です

f:id:koulog:20201107075426j:plain

(写真は翌朝撮影)
フローリングツイン朝食付き3900×2 7800円

 

夕食何食べようか?

北海道に来たらジンギスカンも食べておきたいよね~!

 

f:id:koulog:20201107075714j:plain

と言う事で夕食は成吉思汗大黒屋でガッツリいただきました

 

f:id:koulog:20201107075705j:plain

これがまた美味いの何の!何ですかこれ?

なんぼでも食べれる旨さ無限です

ビールもグビグビ!はかどるはかどる

気が付けば大枚一枚弱

い~んです!い~んです美味ければ

大変美味しかったです★★★

ごちそうさまでした

 

満腹でホテルに帰り、後はいつもの晩酌タイム

今日もほろ酔いで旭川の夜が更けていくのであった

 

f:id:koulog:20201107081526j:plain
f:id:koulog:20201107081535j:plain

本日の走行距離
屈斜路湖~阿寒湖~ナイタイ高原~三国峠

旭川 380km

 

7月20日支出
ローソンコーヒー代                              620円
昼食代                                                  2460円
ナイタイテラスソフトクリーム代       1090円
お茶                                                       130円
ガソリン代                                          3762円  
洗車代                                                   550円
宿泊費                                                 7800円
駐車代                                                 1000円
夕食代                                                 9750円
タクシー代                                          1370円
晩酌代                                                   428円
合計                                                  28960円

*旅中のお土産の費用は含んでいません

 

こちらもどうぞよろしくお願い致します

f:id:koulog:20201102175726j:plain
youtu.be

動画スタート

ご覧の後にチャンネル登録ポチっとお願いします

応援お願いします

 

f:id:koulog:20210511111040p:plain