日々楽しく、自由きままに!

気まぐれおやじの日々の出来事や趣味の旅行記を綴っています

六花亭の店員にブチ切れ!


スポンサードリンク

 

皆さんこんにちは、こんばんは!

本日も気まぐれおやじのブログにご訪問ありがとうございます

 

さて今回は、前々回の予告にも書いた通り、昨年の北海道くるま旅で、六花亭帯広本店に行った時、店員の対応にブチ切れた時の実話です

ブチ切れたと言っても、店員の対応に腹が立ったと言うレベルの話しです
あれから1年が経とうとしているので、そろそろ時効と言う事で記事にします

 

f:id:koulog:20200927082149j:plain
f:id:koulog:20201006144232j:plain
f:id:koulog:20201013111452j:plain

昨年7月10日から7月24日まで、15日間かけて北海道を周遊しました

北海道くるま旅も終盤も終盤で、帯広近郊中札内村に泊まって、翌日の夜には苫小牧東港よりフェリーで、敦賀港に帰ると言うその13日目に事件が起こりました

 

f:id:koulog:20201114152137j:plain
f:id:koulog:20201118094914j:plain
f:id:koulog:20201118110522j:plain

ここまで12日間、北海道の素晴らしい絶景に感動し、楽しい思い出をたくさん作って、北海道滞在残り2日も楽しい思い出を作ろうと、富良野から観光しながら帯広に向かいました

 

f:id:koulog:20201123192719j:plain
f:id:koulog:20201123193240j:plain

帯広周辺の観光も楽しみでしたが、それ以上に楽しみにしていたのが、六花亭限定店舗でしか販売していない、知る人ぞ知るサクサクパイを食べる事です

時間が経つと、パイが中のクリームの水分を吸って、サクサク感がなくなってしまうため、賞味期限はたった3時間!とまで言われている超レアスイーツとして人気です

六花亭は直営店の他に、北海道内の百貨店や総合スーパー・スーパーマーケットなどにも出店していますが、このサクサクパイは直営5店舗程でしか販売しておらず、道民ですら知らないと言う方もたくさんおられます

 

f:id:koulog:20210622150347j:plain
そこで六花亭本店に向かったのです

店内に入り、コロナの影響で2Fの喫茶室がクローズしていました

しかし1F奥のイートインコーナーで食べれる事が分かりました

 

f:id:koulog:20210623093612j:plain

で、早速サクサクパイを買いにレジへ

f:id:koulog:20210323130248p:plain
気まぐれおやじ

すみません、サクサクパイ二つ店内飲食で

 

すると店員Bが、

f:id:koulog:20210623094427j:plain     店員B

すみません、こちらのレジはご贈答、ご進物商品用のレジになりますので、隣のレジでお願いいたします

あっ!そう言う事ね

f:id:koulog:20210323130248p:plain
気まぐれおやじ

ハイハイ!分かりました

 

とおいらは、いそいそと隣のレジへ

 

f:id:koulog:20210623095236j:plain

すると、おいらの前に二組のお客さんが並んでいて、冷蔵ケースを覗き込むとサクサクパイがこの時点で七つ残っていました

 

f:id:koulog:20210622145655p:plain

二組前のお客さんが二つ買われて、残り五つになりました

 

f:id:koulog:20210623102210j:plain

前のお客も明らかに観光客らしきカップルで、案の定イートインのお客らしく三つ注文しましたが、まだ二つ残っています

(何で二人なのに三つ頼んだのかは不明?)

良かった、良かった、丁度おいら達の二つが残っている

サクサクパイともう一つ何にしようかな?と考えていると・・・

(おいらには気付かなかったのですが、この時に店員Bによる横取りがあったみたいです)

 

f:id:koulog:20210623102336j:plain

おいら達の番になり

f:id:koulog:20210323130248p:plain
気まぐれおやじ

サクサクパイ二つと・・・

 

と、言いかけた時、店員Aが

f:id:koulog:20210623100812j:plain     店員A

申し訳ございません
サクサクパイの方が一つしか残っていないんです

f:id:koulog:20210323130248p:plain
気まぐれおやじ

?・?・?

 

頭の中が真っ白になり、暫く固まりました

f:id:koulog:20210323130248p:plain
気まぐれおやじ

え、何で?

 

我に返った時、横の鬼嫁が

f:id:koulog:20210323141308p:plain
鬼 嫁

隣のあの店員Bが一つ持って行きはってん

おいらすぐに店員Aに

f:id:koulog:20210323130248p:plain
気まぐれおやじ

奥にまだあるんでしょう?

 

無情にも店員の一言

f:id:koulog:20210623100812j:plain     店員A

申し訳ございません
本日はこれで終わりなんです

ガーン!!

f:id:koulog:20210323130248p:plain
気まぐれおやじ

何でやねん💢
おかしいやろ💢
何で隣の店員Bが持って行くねん💢
あっちは贈答、進物のレジと違うんか💢

と、語気を荒げて問いかけます

 

たかが、パイぐらいで大人げないと思うかもしれませんが、限定商品ですよ限定商品!

おいらは本当に楽しみにしていたんです

さらに、 

f:id:koulog:20210323130248p:plain
気まぐれおやじ

おいら最初知らんから、あっちのレジで注文したら、こっちのレジで購入しろと店員Bに言われたぞ💢
おかしいやろ💢

どう言う事やねん💢

f:id:koulog:20210623130215j:plain

店員Aが店員Bの所に行き、店員Bがこちらのレジに来ました

店員Bが言うには、

f:id:koulog:20210623111458j:plain     店員B

すみません
ご贈答品を買われたお客様が、サクサクパイを一つお求めになられましたので

f:id:koulog:20210323130248p:plain
気まぐれおやじ

いやいや、お求めになられたからって?
あなたおいらに隣のレジに行けって指示したよね💢
それなのに何でそっちで売ってるねん💢

f:id:koulog:20210623112604j:plain     店員B

すみません

 

f:id:koulog:20210323130248p:plain
気まぐれおやじ

いや、すみませんやないで💢
楽しみにしていたのが丁度二つ残ってて、あなたに横取りされてそれで一つしかありませんって言われても・・・
それでどうするの?💢

f:id:koulog:20210623114743j:plain     店員A

申し訳ございません
本日の販売はこれで終了なので・・・

f:id:koulog:20210623112604j:plain      店員B

申し訳ございません

 

f:id:koulog:20210323130248p:plain
気まぐれおやじ

はー!何じゃそらぁ~!💢
これが六花亭の販売の仕方か?💢
真面目に並んでアホらしいやんか💢
もういいわ、これ一つだけで💢
クソ!もう二度と来るか~💢

f:id:koulog:20210623114743j:plain     店員A

申し訳ございません
ありがとうございました

f:id:koulog:20210623112604j:plain    店員B

申し訳ございません
ありがとうございました

 

f:id:koulog:20210623140904j:plain

本来ならばイートインコーナーで、無料のコーヒーを飲みながらサクサクパイを楽しむはずでしたが、けったくそ悪い(気分を害する)ので早々と退散し、車の中で鬼嫁と「一杯のかけそば」じゃありませんが、「一つのサクサクパイ」を分け合いました

 

さて、この様なトラブルがありましたって言う話しですが、ここまで読まれて皆さんはどう思われたでしょうか?

これ言っておきますが全て実話ですからね

 

ここでポイントとなるのが、店員Bのお客Cに対する対応なんです

本来ならば陳列ケースを見て、サクサクパイの数を把握し、お客Cがレジに来る以前に並んでいるお客さんに、サクサクパイの購入の確認をして、それでも残るようならば販売すれば良いし、もし残らないようであれば、お客Cに売り切れだと言うべきなのです

 

今回のケースでは、おいら達の後ろには並んでいるお客はいませんでしたが、仮にいたとしても、少なくともおいらが店員Bのレジに行った後、店員Aのレジに並んだ事は知っている訳だから、おいらまでサクサクパイの購入の確認をするべきだったのです

そこを怠ったために、この様なトラブルが発生したのだと思うんです

 

店員Bの愚かな対応で、折角の楽しい一日が、いや!北海道くるま旅の一ページに、嫌な思い出が残る結果となってしまいました

しかし、今日ここに記事にし、この一件は忘れる事にします

 

ここからは余談です

実は、車の中でサクサクパイを分け合った後、トラブルに巻き込まれた鬼嫁は、自分が気になっていた商品がその時に買えなかったので、おいらの静止には目もくれず、もう一度六花亭に買いに行っているんです

 

f:id:koulog:20210623143847j:plain

それがマルセイアイスサンドです

マルセイバターサンドでは無いですよ

後で知ったのですが、この商品も札幌本店と、帯広の2店舗のみしか味わう事が出来ず、意外と地元の北海道民でも知らない人が多いらしいです

鬼嫁が言うには、

「めちゃくちゃ美味かった」

サクサクパイより美味しかったと言っていました

さらには、

サクサクパイであんな嫌な気分になるのなら、初めからサクサクパイ一つとマルセイアイスサンド一つを頼んで、店内で楽しく食べたかったわ~」だってさ

おいらは、レーズンが苦手なので食べていません

 

札幌、帯広方面に行かれた際は、どちらも限定商品らしいので、サクサクパイマルセイアイスサンドを是非一度どうぞ

 

何だかんだ六花亭の文句記事書いて、最後には六花亭を宣伝してるおいらは、やっぱり北海道が大好きなんだな(^з^)-♡

 

今回も最後まで読んで頂き

ありがとうございました

では、また。。。

 

</a </a にほんブログ村 旅行ブログへ

気まぐれおやじのブログは、にほんブログ村に参加しています

ポチっと応援よろしくお願いします

 

 

動画はこちら

f:id:koulog:20210511111040p:plain